izumishiyou's diary

いつも考えていること

不思議、不思議な年の暮れ

2017年、楽しいことが多かった。

フジロック行ったり、4横綱の土俵入りを見たり、サンウルブズの勝利に立ち会ったり、喬太郎の落語も見たし…。

たまに「楽しいことの前借りをしてるんじゃないか」と不安になる。

けど、そうやって不安に思っておくことで、いつか楽しくない時間が訪れた時に受け入れられるように心の準備をしているだけな気もする。

そんなものは何の対策にもなっていない。

「楽しいこと」を続けるにはそれなりの努力が必要だ。

今はまだ若く、子どもやなんかにお金を使わないので、エンタメに払う膂力があるから、楽しいことを引っ張ってこられるのだ。

いつまでも続けられるように、楽しさを持ってこられる筋肉をつけないといけないですね。

 

さて。

時天空がなくなったのは今年だった。

「奪い愛、冬」も今年だった。

滝沢カレンの文才に気づいたのも今年だった。

下の部屋の人が夏の間ずっとドラクエしてたのも今年だった。

けものフレンズを観たのも今年だった。

力士の結婚が多かった気がする。栃煌山とか妙義龍とか石浦とか宝富士とか。

ラ・ラ・ランドアウトレイジは微妙だったけど、ダンケルクとドリームは良かった。

なんて、思いついたまま、雑に振り返って。

 

年末の賞与でテレビを買いました。いつのまにやらテレビもスマートになっていたらしく、ネットとつながる。

不思議、不思議な年の暮れ。

2018年って、近未来じゃないですか? ドラえもんいそうな、ポケモンが草むらから出てきそうな、そんな数字。

でも、いたって普通に私たちの毎日は進むー。