diary

いつも考えていること

風邪、映画、かき氷

9/8の金曜後半から鼻水が出始め、土、日、月と風邪で寝込んだ。その後、喉の痛みは早めに引いたものの、鼻水は一週間以上続き、今も。久々(三、四年ぶり?)の本格的な風邪。こんなに体力を持っていかれるとは思ってもみなかった。毎朝、目覚めた直後は鼻も詰…

「逃げるは恥だが役に立つ」を見返す

「逃げるは恥だが役に立つ」を借りてきて見返した。1年前のドラマ、なのか(2016/10/11-12/20)。そんな感じがしない。ずっと前から知ってたような、つい最近終わったような、そんな相反する感覚がないまぜになってぼくの中にある。 誰かが返却した直後なの…

『ダンケルク』―とにかく家に帰りたい!

IMAXで『ダンケルク』を観た。 感想は「疲れた!」「しんどい!」「戦争良くない!」である。 これよりも多くを語ることが必要なのかどうか、考えれば考えるほどに感想がその3つだけにまとまっていく。 映画は、1940年、第二次世界大戦の緒戦、ドイツが攻勢…

大西巨人『神聖喜劇』第一巻メモ

大西巨人『神聖喜劇』を読み直している。自分のためのメモ。 第一部 ・「この現実この戦争を阻止する何事をも私が実際的に為し能わず現に為していない以上、五体満足な私が実戦への参加から逃げ隠れてただ他人を見殺しにするのは、結局のところ人間としての…

戸越銀座温泉とタレル他9月の始まり

戸越銀座温泉の半露天から見える青空が、まるで金沢21世紀美術館や直島の地中美術館で観たタレルの作品のようだった。ということに、もう何度も行っているのに初めて気がついたのは、ぼくが戸越銀座温泉に行くのはたいてい土曜日だからで、土曜日はテレビの…

登山・ライブなど8月の終わりの感想

8/19 山は、軽んじられると怒る。 日帰りで栃木へ。朝日岳〜茶臼岳を楽しもうとしたのである。「やまとくらす」の天気予報では登山に適した「A」だったし、さほど難易度の高い山でもないだろうとタカをくくっていったら、大雨に雷雨…! 登山の際は標高が低…

毎朝「けものフレンズ」

8/14-29の間、「けものフレンズ」の再放送を観た。 毎朝アニメを観た夏、である。 高校生の頃、毎朝アニメ「きまぐれオレンジロード」を見た夏を思い出す。 最終回を見終えての喪失感もどこか懐かしい。 kemono-friends.jp セルリアンがなんなのか、フレンズ…

恋物語について(恋しなくても大丈夫ですよー)

Abematvを初めて見た。 アプリをインストールして開いた瞬間、動画と音声がわっと流れるのに感動した。たいていのアプリって、開いたらまず登録だななんだの手続きがある。それに比してAbematvのスピード感。テレビみたいなもんですよ、つけたら見れるんです…

風呂に入る

牛乳石鹸のWEBムービーについて。 www.youtube.com 不思議な、奇妙な、とらえどころのない感覚になるムービーだ。この人の考えていること、この人のしていること、この人の感情がうまく理解できない。 これまでにもいくつかあったCM炎上、たとえば志布志…

映画、落語、音楽の感想

8/11-13の3連休はだらけた。山の日、という初めての祝日に戸惑ってしまったのかなあ。いつもの休日なら、知らぬ間に日で1万歩歩いてるとiPhoneに記録されるのだが、この3日は合計で1万歩だった。 祝日突入直前の木曜夜、思い立ってツタヤに行き、「アウトレ…

フジロックフェスティバル'17ーnever young beachと小沢健二

くだらないことばっかみな喋りあい 嫌になるほど続く教会通りの坂降りて行く ―小沢健二「さよならなんて云えないよ」 くだらなくてもOK 笑えるのならOK 煙の中どこまでも 君と月まで行けるよ ―never young beach「CITY LIGHTS」 7/29、フジロック2日目に行っ…

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の感想

ポケモンの映画を観た。子供の頃も観に行ったことがないから、初めての経験だ。ミュウツーの逆襲とかルギア爆誕とか観たかったんですが、恥ずかしくて親に言い出せず、たぶんハリーポッターを家で読んでたと思う。 大人になったので親に対する気兼ねもなく、…

町田康『ホサナ』

ホサナ 作者: 町田康 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/05/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 町田康『ホサナ』を読み終えた。 一般的に、小説を愉快に読んでいる姿は、大抵において「気持ち悪い」と評されるものである。 しかめ…

スーパーラグビー2017 サンウルブズvsブルーズ

7/15、秩父宮ラグビー場でスーパーラグビー、サンウルブズ対ブルーズの試合を観た。 結果から言えば、前半こそブルーズがリードを取ったものの後半、サンウルブズが逆転、さらに突き放す展開で、日本ラグビーにとって歴史的な勝利となった。サンウルブズのホ…

音楽に救われるとはー「この山は防風上はあの山より一層重大な役目を果たす」中原中也『芸術論覚え書』

ずいぶんと前のことになるが、ゴールデンウィークの最終日に六本木でNever Young Beachを聴きに行ったら、彼らの前の演奏がベリーグッドマンというバンドだった。 ぼくは彼らをその時に初めて知ったが、大変に盛り上がっていて、Wikipediaによれば野球選手に…

ミヒャエル・エンデ「モモ」について

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 作者: ミヒャエルエンデ,大島かおり 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1976/09/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「わたしはいまの話を、」とそのひとは言い…

映画・買い物・本・落語・ライブの感想等 in 梅雨

6/17 五反田TOCで今年も徳の市。本当に、ここの価格崩壊っぷりは恐ろしい。服が叩き売られているんです。大して何も買わないのだけれど、ぐるぐるめぐるのが楽しい。 www.timeout.jp 6/18 原宿巡り。コロンビア、ヘリーハンセン、パタゴニア、ノース・フェイ…

「大相撲殺人事件」の感想

ツイッターで話題となった「大相撲殺人事件」を読んだ。 大相撲殺人事件 (文春文庫) 作者: 小森健太朗 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/11/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 衝撃的なあらすじが話題になったのだけれど、むしろ…

私たちはホモソーシャルを尊んでしまいますーSuchmosについて

SuchmosのF.C.L.S.LIVE@日比谷野外音楽堂を観に行った。 その音楽のかっこよさから、一度ライブに行きたい、と騒いでいたら、やっとチケットが当たったのです。野音。あのアーバンな音が日比谷に鳴り響くなんて!と喜び勇んで馳せ参じました。 で。 前から…

存在するという事実ー朝倉文夫、ジャコメッティ

朝倉彫塑館とジャコメッティ展に行った感想。たまたま、先週は彫刻ウィークだったのである。 まずは朝倉彫塑館から。 www.taitocity.net 都会のど真ん中のめっちゃええ家に、たくさんの彫刻が置いてあるという、贅沢な場所、と言えば彫刻に興味のない人でも…

婚活アプリの広告について

下記記事を書いて以来、意識して婚活アプリの広告を集めてみた。 ツイッターから収集したのだが、男性ユーザー、20代後半ということはバレているのだろうと思うので、そうした人に対する広告だと思う。 izumishiyou.hatenablog.com 上の記事でも紹介したが、…

「雨ふるも 時は戻らぬ とうとけり」ー滝沢カレン文学論

滝沢カレンの言語感覚が素晴らしすぎて、怖い。いや、悔しい気さえする。これが才能か。まさか、彼女のことを「語彙力がない」などと言うなかれ。彼女の言語が生み出す豊饒なイマジネーションは、立川談志の言う「イリュージョン」ではないか、とくらくらす…

いきなり大人になって

アイドルの生配信中に生理用品が映ったことで、なぜかファンか激怒したことが話題になった。 togetter.com アイドルの子の生配信中に生理用品が映っちゃった放送事故で、なぜか発狂した信者の「非処女確定!!!セックスの予定ないのに生理する意味ってなん…

5月場所千秋楽〜雑多な感想

縁あって、千秋楽も観に行くことができた。千秋万歳。今場所は久々に楽しんで観ていたと評判の私でした。 白鵬全勝優勝について 38回目の優勝、13回目の全勝優勝。自身の持つ記録を更新した白鵬の今場所の充実ぶり。 高安に対して頭をつけた相撲。玉鷲との立…

美術展の感想

目黒区美術館「よみがえる画家ー板倉鼎・須美子」展 目黒区美術館と言えばちょうど一年前、高島野十郎展が開かれていた。実に地味な美術館である(褒め言葉)。 本展の主人公は2人。夫婦である。そして両人とも若くして亡くなった。 板倉鼎は1901年生まれ、東…

何が本当か分からない〜中吊り広告は盗み見られたのか、文科省の文書は怪文書か、いつも多数派でいられるか

一昨日の週刊新潮に掲載された、週刊文春が週刊新潮の中吊り広告の原稿を版元からもらい受け、スクープ潰しをしていた件、めっちゃおもろい。 読者であるぼくとしては、週刊誌ができる"日"単位のスケジュール、記者らのギリギリの努力が描かれていることがお…

5月場所初日〜4横綱土俵入り

5月場所初日、観に行ってまいりました。台覧相撲でした。10年ぶりなんですか、へー。 番付上、4横綱となった3月場所では白鵬の休場により観られなかった、4横綱の土俵入りが観られて感無量。国技館で4回も横綱土俵入りを観る日が来るとは、10年前のぼくに伝…

横浜にぎわい座「上方落語会〜NHK新人落語大賞受賞者の会〜」の感想

横浜は桜木町、にぎわい座で開かれた「上方落語会〜NHK新人落語大賞受賞者の会〜」に桂雀太が出ると聞き、馳せ参じた。雀太他、よね吉、佐ん吉、三若が出演。演目はそれぞれ「遊山船」「蛸芝居」「稽古屋」「夢の続き」。いずれもはめもの(口演中のお囃子)の…

ここはホテルの一室で

誰かに引っ張られる感触があって目を覚ましたら、暗闇の向こうに母親がいて名前を呼ばれた気がした。その時、夢うつつのぼくは、そういえばスキーに来たんだったと思い込んだから、ここはホテルの一室で、窓の外には白い雪が積もっていて、リフトが照らされ…

映画・ライブ・本の感想(4/23-5/7)

4/23 映画「PARKS」を観に行く。橋本愛がきらきらしていて、永野芽郁がかわいく、染谷将太がいい感じ、というなんともふんわりした映画だった。画像の永野芽郁のこの手の上げ具合とか、きてるな、という感じがする。セブンティーンで見ていても、広瀬すずの…