izumishiyou's diary

いつも考えていること

レタスクラブベタ褒め、そして自らを用済みと思い込む男

dマガジンで雑誌を斜め読みしまくるのは趣味というより日課なのです。毎週、毎月、膨大な情報を編み出す雑誌をリスペクトしつつも、ものの5分10分でやっつけてしまう私。どうもデータになると優しさが失われて、そんな邪険な扱いをしてしまう。大学生の時は…

思い出の更新

OK?NO!! というバンドがあって。 2010年頃に大学のサークルで結成されたそうで、どこの大学なのかとか、そういうことは一切知らない。2012年頃、ツイッターで激賞されていたのを見かけ、聴いてみたら、これがすごく好きな音楽だった。おしゃれなメロディで、…

Bリーグ他スポーツの未来

Bリーグ、渋谷サンロッカーズ対栃木ブレックス@墨田区総合体育館を観た。 バスケと言えば田臥しか思い浮かばないので、栃木ブレックスをチョイス。200㎝級の巨大な選手がたくさんいる中で、173㎝という身長が目を引き、巨人の隙間を縫うように走り抜ける田臥…

DJみそしるとMCごはん『コメニケーション』

君と食べると不思議だね 豪華なおかずが無くても みそしるとちょっとの漬け物でさえ 世界一のご馳走になる DJみそしるとMCごはん『コメニケーション』を聴いた。 美味しいものは人類の奇跡だ。というおみそはんのコンセプトはいつの間にやらぼくの身に染みて…

『ミックス。』

『ミックス。』を観た。 監督の作品である『リーガル・ハイ』や『デート〜恋とはどんなものかしら〜』を観てない。キャスティング的に面白そうだけど、連ドラの辛いのは今さら取り返せないところ…。借りて見るのはしんどいし。取り急ぎ先日地上波で放送され…

PUNPEE『MODERN TIMES』、tofubeats『FANTASY CLUB』

PUNPEEの1st Album『MODERN TIMES』がかっこよい。 拙いヒップホップの知識ではあるが、始まりから、全編通してRhymestar『ウワサの真相』の雰囲気が感じられる気がする。 www.youtube.com ぼんやりとした事柄を歌詞に落とし込んでいる。「一般人」とはとに…

小西真奈美『I miss you』

小西真奈美がシングルをリリースした、と聞いて、すぐさま購入する人と気にも留めない人とはっきり分かれるような気がする。 で、私は前者なのだが、その理由はよく分からん。ただ反射的にそうだった。なんでだろう。 00年代に小西真奈美が放った存在感って…

柴田聡子『愛の休日』

柴田聡子の『愛の休日』は美事なアルバムだと今さらのことを。特に好きな曲について少し。 ・後悔 「あ、きた」という小さな心のさざめき。「背すじを伸ばして」&「気もちをおさえて」準備するそのワクワク感。それらが弾けるように「暗闇の中で踊り出す」と…

かせきさいだぁ『ONIGIRI超祭り 2017』

かせきさいだぁの5年振りの新作『ONIGIRI UNIVERSITY』を記念した『ONIGIRI超祭り 2017』を観に行った。 原宿ASTRO HALLは、4年前の「アニソンはじめました。~かせきさいだぁのアニソング !! バケイション ! リリース記念ライブ~」以来のこと。 歌詞は間…

おぼろげな90年代

1990年代論 (河出ブックス) 作者: 大澤聡 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/08/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 『1990年代論』を読んだ。 いふまでもなく、音楽の場合であれダンスの場合であれ、われわれはリズムを知る…

普通と政治

ベストはないからベター、よりマシな人を見つけて投票しましょう、なんて言われるこの衆院選。端的に言って小選挙区制がどうなんだろう、って気がする。 オセロの白黒が変わるようにその時々の風によって政権交代が可能で、ダイレクトに民意、世論を反映でき…

『アウトレイジ 最終章』の感想

『アウトレイジ 最終章』を観た。 前2作のメリハリの効いた展開は身を潜め、どんよりとした曇天の下、苛立ちを溜めながらゆっくりと話が動いてゆく。象が虱に耐えきれず動き出すように。 物語はなかなか動かない。考えてみれば、残された大友(ビートたけし)…

弱い者いじめの笑い

「笑い 差別」で検索すると、この記事が一番上に出てくるんですね。知らなかった。 izumishiyou.hatenablog.com たぶん、とんねるずの保毛尾田保毛男の件から、そういう検索が増えてると思われる。 しかし、ぼくはその番組を観ていないのだ。ツイッターで話…

結婚式のBGMについて

友人らの結婚も一段落した。11月末にある結婚式で、たぶんほぼ終わり(たぶん)。 いつも気になるのはBGM。 ある人はクラシック中心だったり、ある人はアニメ音楽のジャズアレンジメインだったり、洋楽でもビートルズあたりがメインのこともあれば、マルーン5…

『ドリーム(Hidden figures)』

映画『ドリーム』(原題『Hidden figures』)を観た。 教科書で見たように「白人用」と「非白人用」に分けられた社会が現実にあって、何が怖いって差別する側はそれを当たり前だと、一切不思議に思っていないことだ。だから、黒人が白人のコミュニティに入って…

風邪、映画、かき氷

9/8の金曜後半から鼻水が出始め、土、日、月と風邪で寝込んだ。その後、喉の痛みは早めに引いたものの、鼻水は一週間以上続き、今も。久々(三、四年ぶり?)の本格的な風邪。こんなに体力を持っていかれるとは思ってもみなかった。毎朝、目覚めた直後は鼻も詰…

「逃げるは恥だが役に立つ」を見返す

「逃げるは恥だが役に立つ」を借りてきて見返した。1年前のドラマ、なのか(2016/10/11-12/20)。そんな感じがしない。ずっと前から知ってたような、つい最近終わったような、そんな相反する感覚がないまぜになってぼくの中にある。 誰かが返却した直後なの…

『ダンケルク』―とにかく家に帰りたい!

IMAXで『ダンケルク』を観た。 感想は「疲れた!」「しんどい!」「戦争良くない!」である。 これよりも多くを語ることが必要なのかどうか、考えれば考えるほどに感想がその3つだけにまとまっていく。 映画は、1940年、第二次世界大戦の緒戦、ドイツが攻勢…

大西巨人『神聖喜劇』第一巻メモ

大西巨人『神聖喜劇』を読み直している。自分のためのメモ。 第一部 ・「この現実この戦争を阻止する何事をも私が実際的に為し能わず現に為していない以上、五体満足な私が実戦への参加から逃げ隠れてただ他人を見殺しにするのは、結局のところ人間としての…

戸越銀座温泉とタレル他9月の始まり

戸越銀座温泉の半露天から見える青空が、まるで金沢21世紀美術館や直島の地中美術館で観たタレルの作品のようだった。ということに、もう何度も行っているのに初めて気がついたのは、ぼくが戸越銀座温泉に行くのはたいてい土曜日だからで、土曜日はテレビの…

登山・ライブなど8月の終わりの感想

8/19 山は、軽んじられると怒る。 日帰りで栃木へ。朝日岳〜茶臼岳を楽しもうとしたのである。「やまとくらす」の天気予報では登山に適した「A」だったし、さほど難易度の高い山でもないだろうとタカをくくっていったら、大雨に雷雨…! 登山の際は標高が低…

毎朝「けものフレンズ」

8/14-29の間、「けものフレンズ」の再放送を観た。 毎朝アニメを観た夏、である。 高校生の頃、毎朝アニメ「きまぐれオレンジロード」を見た夏を思い出す。 最終回を見終えての喪失感もどこか懐かしい。 kemono-friends.jp セルリアンがなんなのか、フレンズ…

恋物語について(恋しなくても大丈夫ですよー)

Abematvを初めて見た。 アプリをインストールして開いた瞬間、動画と音声がわっと流れるのに感動した。たいていのアプリって、開いたらまず登録だななんだの手続きがある。それに比してAbematvのスピード感。テレビみたいなもんですよ、つけたら見れるんです…

風呂に入る

牛乳石鹸のWEBムービーについて。 www.youtube.com 不思議な、奇妙な、とらえどころのない感覚になるムービーだ。この人の考えていること、この人のしていること、この人の感情がうまく理解できない。 これまでにもいくつかあったCM炎上、たとえば志布志…

映画、落語、音楽の感想

8/11-13の3連休はだらけた。山の日、という初めての祝日に戸惑ってしまったのかなあ。いつもの休日なら、知らぬ間に日で1万歩歩いてるとiPhoneに記録されるのだが、この3日は合計で1万歩だった。 祝日突入直前の木曜夜、思い立ってツタヤに行き、「アウトレ…

フジロックフェスティバル'17ーnever young beachと小沢健二

くだらないことばっかみな喋りあい 嫌になるほど続く教会通りの坂降りて行く ―小沢健二「さよならなんて云えないよ」 くだらなくてもOK 笑えるのならOK 煙の中どこまでも 君と月まで行けるよ ―never young beach「CITY LIGHTS」 7/29、フジロック2日目に行っ…

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の感想

ポケモンの映画を観た。子供の頃も観に行ったことがないから、初めての経験だ。ミュウツーの逆襲とかルギア爆誕とか観たかったんですが、恥ずかしくて親に言い出せず、たぶんハリーポッターを家で読んでたと思う。 大人になったので親に対する気兼ねもなく、…

町田康『ホサナ』

ホサナ 作者: 町田康 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/05/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 町田康『ホサナ』を読み終えた。 一般的に、小説を愉快に読んでいる姿は、大抵において「気持ち悪い」と評されるものである。 しかめ…

スーパーラグビー2017 サンウルブズvsブルーズ

7/15、秩父宮ラグビー場でスーパーラグビー、サンウルブズ対ブルーズの試合を観た。 結果から言えば、前半こそブルーズがリードを取ったものの後半、サンウルブズが逆転、さらに突き放す展開で、日本ラグビーにとって歴史的な勝利となった。サンウルブズのホ…

音楽に救われるとはー「この山は防風上はあの山より一層重大な役目を果たす」中原中也『芸術論覚え書』

ずいぶんと前のことになるが、ゴールデンウィークの最終日に六本木でNever Young Beachを聴きに行ったら、彼らの前の演奏がベリーグッドマンというバンドだった。 ぼくは彼らをその時に初めて知ったが、大変に盛り上がっていて、Wikipediaによれば野球選手に…