izumishiyou's diary

いつも考えていること

『勝手にふるえてろ』

歯磨きのシーンが何度も繰り返される。ぺっと水を吐き出す音。毎日歯を磨き、ゆすぎ、水を吐き出すように、ヨシカは頭の中ですれ違う人たちに自分の思いを垂れ流している。妄想の中ですれ違う人たちは「いいね!」のマークのようにグーサインを差し出してく…

熊谷守一

初めて熊谷守一を観たのが箱根のポーラ美術館だったのははっきり覚えていて、ポーラ美術館と言えばモネ、ルノアール、ピカソ、フジタという錚々たる面子を所蔵する美術館だということはご存知かと思うが、箱根に行ったのはあれは何年前だったか、ぼく自身そ…

ラグビー、ラグビー、ラグビー

年末年始と言えばラクビー、なんです。マジで、ずっとラグビー見てました。特に高校ラグビー。MBSがネットでライブ配信してくれていた。ほんと、幸せ。地方の人が大阪の花園に行くのはなかなか難しい。年末年始となればなおさら。だから、ぼくのような一般フ…

君の名は。

さほど、という評判だったから、さほどなんだろうなと1.3倍速で見てみたら、さほどと貶める作品でもなかった。 裾野が広がりすぎて、本来興味を持たない人にまで訴求しちゃった結果の悪評のように思う。 アニメ、青春、SF…。本来はそれらが好きな人しか見に…

ねほりんぱほりん

「あけまして ねほりんぱほりん▽大好評の7本をドーンと放送!朝まで煩悩まみれ!!」を観た。 コンプレックス(=愛憎入り混じる執着心?)ってのは、人を縛り付ける鎖だったり、何かに取り組むためのガソリンであったり、崖から背中を押してくれる死神だったり…

朝青龍を押し出したら1000万円

abema.tv 番組制作者、挑戦者、視聴者の相撲への無知・無理解を利用した朝青龍による朝青龍と琴光喜と相撲ファンのための引退相撲。 「朝青龍を押し出したら1000万円」と題され大晦日に放映されたAbematvの番組はそんな感じだった。 そもそも、「押し出した…

不思議、不思議な年の暮れ

2017年、楽しいことが多かった。 フジロック行ったり、4横綱の土俵入りを見たり、サンウルブズの勝利に立ち会ったり、喬太郎の落語も見たし…。 たまに「楽しいことの前借りをしてるんじゃないか」と不安になる。 けど、そうやって不安に思っておくことで、い…

ただ、土俵の充実!

この一年の大相撲について、友人らと話した。 飲みながら勝手なことを言いまくった、というのが正しいけど。 そんな友達がいることの嬉しさ。 話したことをぼくは忘れてしまうので、少し残しておきたい。 「ぼくらファンは日頃の生活態度を断片的にしか見ら…

metoo

インフルエンサーがセクハラ・パワハラを告発した件。 www.buzzfeed.com かつてから世界的に広がっていた「me too」運動とリンクして、日本でも多くの人がこれまでにあったつらい体験をツイートしている。 www.asahi.com 覆い隠されがちなセクハラやパワハラ…

森美術館『レアンドロ・エルリッヒ展』

それ、に触れてしまったら、もう触れる前のいつもの自分には戻れない。その「それ」を芸術と呼ぶこともある。 レアンドロ・エルリッヒは「それ」を作る名手だ(と書いてみたが、これは褒め言葉なのだろうか?)。 試着室や美容室の、鏡の向こうに私がいなかっ…

音楽ーネバヤン、ザゼン、デニムス、DYGL等

最近聴いた音楽について。 12/7 never young beachのライブ。 「明るい未来」と「お別れの歌」は最高のコンボで、この曲を作ったネバヤンに死ぬまで年金をあげたい。 MCがのんびりしていて、ほっこりする。みんな家が近いそうなので、「ちょっとおいでよー」…

日馬富士、日馬富士、日馬富士

日馬富士の引退が悲しい。悲しいということを表すためにたくさん書きます。 ぼくが相撲を観始めたきっかけのひとつは安馬だった。 ラグビー部を辞め、相撲を観始めた2005年から2008年の高校3年間、安馬は入幕直後だった。幕内最軽量と言われた小さな体で、頭…

国立民俗博物館『1968年』展

遠く遠く、千葉は佐倉、国立民俗博物館『1968年』展を観に行きました。佐倉がもうちょい都心近くに寄ってきてほしい。DIC川村記念美術館もあるし。 期待はもちろんヘルメット。 で。 キャプションのテンションが高い。序盤からこれ。 1968年は、世界に目を転…

4×4=16『Fantastic Show』

www.youtube.com そんな君がドライブは 幸せと言えるのはまだ先のこと でもまたどこか行こう 運転免許は持ってるが、普段車に乗らない人、それがペーパードライバーだから、もしかしてミュージシャンとしての実力は認められながら、数年沈黙していた彼らのこ…

レタスクラブベタ褒め、そして自らを用済みと思い込む男

dマガジンで雑誌を斜め読みしまくるのは趣味というより日課なのです。毎週、毎月、膨大な情報を編み出す雑誌をリスペクトしつつも、ものの5分10分でやっつけてしまう私。どうもデータになると優しさが失われて、そんな邪険な扱いをしてしまう。大学生の時は…

思い出の更新

OK?NO!! というバンドがあって。 2010年頃に大学のサークルで結成されたそうで、どこの大学なのかとか、そういうことは一切知らない。2012年頃、ツイッターで激賞されていたのを見かけ、聴いてみたら、これがすごく好きな音楽だった。おしゃれなメロディで、…

Bリーグ他スポーツの未来

Bリーグ、渋谷サンロッカーズ対栃木ブレックス@墨田区総合体育館を観た。 バスケと言えば田臥しか思い浮かばないので、栃木ブレックスをチョイス。200㎝級の巨大な選手がたくさんいる中で、173㎝という身長が目を引き、巨人の隙間を縫うように走り抜ける田臥…

DJみそしるとMCごはん『コメニケーション』

君と食べると不思議だね 豪華なおかずが無くても みそしるとちょっとの漬け物でさえ 世界一のご馳走になる DJみそしるとMCごはん『コメニケーション』を聴いた。 美味しいものは人類の奇跡だ。というおみそはんのコンセプトはいつの間にやらぼくの身に染みて…

『ミックス。』

『ミックス。』を観た。 監督の作品である『リーガル・ハイ』や『デート〜恋とはどんなものかしら〜』を観てない。キャスティング的に面白そうだけど、連ドラの辛いのは今さら取り返せないところ…。借りて見るのはしんどいし。取り急ぎ先日地上波で放送され…

PUNPEE『MODERN TIMES』、tofubeats『FANTASY CLUB』

PUNPEEの1st Album『MODERN TIMES』がかっこよい。 拙いヒップホップの知識ではあるが、始まりから、全編通してRhymestar『ウワサの真相』の雰囲気が感じられる気がする。 www.youtube.com ぼんやりとした事柄を歌詞に落とし込んでいる。「一般人」とはとに…

小西真奈美『I miss you』

小西真奈美がシングルをリリースした、と聞いて、すぐさま購入する人と気にも留めない人とはっきり分かれるような気がする。 で、私は前者なのだが、その理由はよく分からん。ただ反射的にそうだった。なんでだろう。 00年代に小西真奈美が放った存在感って…

柴田聡子『愛の休日』

柴田聡子の『愛の休日』は美事なアルバムだと今さらのことを。特に好きな曲について少し。 ・後悔 「あ、きた」という小さな心のさざめき。「背すじを伸ばして」&「気もちをおさえて」準備するそのワクワク感。それらが弾けるように「暗闇の中で踊り出す」と…

かせきさいだぁ『ONIGIRI超祭り 2017』

かせきさいだぁの5年振りの新作『ONIGIRI UNIVERSITY』を記念した『ONIGIRI超祭り 2017』を観に行った。 原宿ASTRO HALLは、4年前の「アニソンはじめました。~かせきさいだぁのアニソング !! バケイション ! リリース記念ライブ~」以来のこと。 歌詞は間…

おぼろげな90年代

1990年代論 (河出ブックス) 作者: 大澤聡 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/08/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 『1990年代論』を読んだ。 いふまでもなく、音楽の場合であれダンスの場合であれ、われわれはリズムを知る…

普通と政治

ベストはないからベター、よりマシな人を見つけて投票しましょう、なんて言われるこの衆院選。端的に言って小選挙区制がどうなんだろう、って気がする。 オセロの白黒が変わるようにその時々の風によって政権交代が可能で、ダイレクトに民意、世論を反映でき…

『アウトレイジ 最終章』の感想

『アウトレイジ 最終章』を観た。 前2作のメリハリの効いた展開は身を潜め、どんよりとした曇天の下、苛立ちを溜めながらゆっくりと話が動いてゆく。象が虱に耐えきれず動き出すように。 物語はなかなか動かない。考えてみれば、残された大友(ビートたけし)…

弱い者いじめの笑い

「笑い 差別」で検索すると、この記事が一番上に出てくるんですね。知らなかった。 izumishiyou.hatenablog.com たぶん、とんねるずの保毛尾田保毛男の件から、そういう検索が増えてると思われる。 しかし、ぼくはその番組を観ていないのだ。ツイッターで話…

結婚式のBGMについて

友人らの結婚も一段落した。11月末にある結婚式で、たぶんほぼ終わり(たぶん)。 いつも気になるのはBGM。 ある人はクラシック中心だったり、ある人はアニメ音楽のジャズアレンジメインだったり、洋楽でもビートルズあたりがメインのこともあれば、マルーン5…

『ドリーム(Hidden figures)』

映画『ドリーム』(原題『Hidden figures』)を観た。 教科書で見たように「白人用」と「非白人用」に分けられた社会が現実にあって、何が怖いって差別する側はそれを当たり前だと、一切不思議に思っていないことだ。だから、黒人が白人のコミュニティに入って…

風邪、映画、かき氷

9/8の金曜後半から鼻水が出始め、土、日、月と風邪で寝込んだ。その後、喉の痛みは早めに引いたものの、鼻水は一週間以上続き、今も。久々(三、四年ぶり?)の本格的な風邪。こんなに体力を持っていかれるとは思ってもみなかった。毎朝、目覚めた直後は鼻も詰…