diary

いつも考えていること

花を見る

4/1

曇っていたけど、花見に出かけた。

その前に散髪に行ったら、坊ちゃん刈りになってしまった。

さて、目黒川に行ったものの桜はまだ咲いてなかった。ミモザが立派に咲いていた。屋台やステージが設けられている場所で、雅叙園のパスタと担々麺を食した。昨年も食べたのだけど、美味い。ステージ上では私の知らないアイドルが「手拍子お願いします!」と頼んでいたが、誰も手拍子していなかった。大変な道だと思った。その後は近隣の三味線サークルみたいなのやタップダンス教室の発表会みたいなのが披露されていたから、あのアイドルがどういう選定でステージに立つこととなったのか分からない。

そのあと、インスタグラムで見かけた永田町にある素敵なドーナツ屋さんに行った。上品なドーナツだった。ドーナツって、下品なほど美味いと勝手に思っていたけど、丁寧な味のものがやっぱり美味しい。広々としていて、素敵な曲がかかっている、とても居心地の良い空間だった。永田町が歩いて行けるところだったらいいのになあ。

hocuspocus.jp

 

4/2

ブルータスを読んでいたら、昨日のお店でかかっていた曲のミュージシャン、bibioがリコメンドされていた。一日中聴いてチルアウトした。Dulutti ColumnやI am robot and proudを思い起こさせる。

www.youtube.com

明日、自分は異動しないから何の憂いもないのだけれど、新しい人が来るのが怖い。そんなことを思いながら、寝た。

 

4/8

千鳥ヶ淵にお花見へ。日比谷線クレヨンしんちゃんを見た。とても躍動感があるぶりぶりざえもん。

f:id:iz89:20170417185409j:image

武道館で日本大学の入学式が開かれており、たくさんの人。脇を通り抜けて、曇った天気の中、ぐでたまとぽむぽむぷりんのレジャーシートに座り、花見をした。

f:id:iz89:20170417185420j:image

一緒に行ったKくんもぼくも少し二日酔いだった。ぐるりと一周して、なんだか分からない花を眺めた。

f:id:iz89:20170417185424j:image

春に浮かれて毎年花見をしているけれど、桜はなんだか良い花じゃない。咲いたか気になる、散ったか気になる、なんて言うが、散ったらすぐに葉桜になるところはいやらしい。まあ、でも春に浮かれているから良い。浮かれなければ、桜よりも梅が好きだ。2月に鎌倉の瑞泉寺で見た梅はきれいだった。寒いんだよなあ、2月。暖かければ、断然梅だ。

死期の近い人に、「来年の桜を一緒に見よう」なんて言うけれど、あれってなんだろうか。そして、春を待たずに冬に死ぬ。しかし、残された者からすれば、春は、そろそろ気持ちの癒える時、になったりもする。暖かさを取り戻して、その人のいない世界も始まる。

春が始まる。スプリング、ハズ、カム。そういや、喬太郎の映画、観てないや。

映画『スプリング、ハズ、カム』公式サイト

 

…ただの日記。